ご報告2017年1月から「休業補償制度」が、確立しました!また、「傷害保険」も適応になります。

卵子の提供をいただくにあたり、お仕事を休んでいただいた場合の「休業補償制度」が、2017年1月から確立しました。
また、ドナーが非配偶者間体外受精の目的で、自宅を出てから帰宅するまでを包括的に補償する「傷害保険」も、2017年1月から適用になります。


ご存じですか?

ターナー症候群で卵子がない女性は二千人に一人
若くして月経が止まり、卵子が無くなる早発閉経の女性の割合は百人に一人

こうした事情でお子さんに恵まれないご夫婦のために、卵子を提供していただける方を探しています。

こういう方に…

卵子提供者(ドナーと表記します)は35歳までで出産経験のある日本国籍を有する女性。自分の卵子では妊娠できない女性のために卵子を提供していただける方。

無報酬の
ボランティアです

ドナーには現行の法令・規則では報酬はありません。治療にかかる費用は被提供者(レシピエントと表記します)が負担します。

私たち
NPO法人OD-NETは…

卵子を提供して下さる女性を募り、不妊専門クリニックで体外受精が実施できるように支援する団体です。

ページトップへ戻る