公明党 生殖補助医療に関する法整備等検討プロジェクトチーム 会議に出席!!


2016年3月24日 衆議院第一議員会館において、
公明党 生殖補助医療に関する法整備等検討プロジェクトチームに出席し
「卵子提供に関する法整備の必要性」について説明、そのあと意見交換をしました。
詳細は、下記の通りです。

公明党生殖補助医療に関する法整備等検討プロジェクトチーム(PT、座長=秋野公造参院議員)は24日、衆院第1議員会館で会合を開き、若くして卵巣機能が低下した女性などへ支援を行うNPO法人「卵子提供登録支援団体」の岸本佐智子理事長らと意見交換した。
岸本理事長は、日本では卵子提供の法制度が整備されておらず、高額な費用を支払い海外で卵子提供を受ける人が後を絶たない現状などを報告。早急に法整備を行うべきと訴えた。
秋野座長は、公明党が議員立法で、生殖補助医療の基本理念や国の責務など定めた法整備を進めていると説明し「全体の仕組みをつくる第一歩として実現させていきたい」と強調した。
終了後、同PTと党の厚生労働部会、法務部会で合同会議を開き、生殖補助医療の提供などに関する法案(公明党案に対する自民党の修正案)を了承した。
(公明新聞 2016/03/25付)


ご存じですか?

ターナー症候群で卵子がない女性は二千人に一人
若くして月経が止まり、卵子が無くなる早発閉経の女性の割合は百人に一人

こうした事情でお子さんに恵まれないご夫婦のために、卵子を提供していただける方を探しています。

こういう方に…

卵子提供者(ドナーと表記します)は35歳までで出産経験のある日本国籍を有する女性。自分の卵子では妊娠できない女性のために卵子を提供していただける方。

無報酬の
ボランティアです

ドナーには現行の法令・規則では報酬はありません。治療にかかる費用は被提供者(レシピエントと表記します)が負担します。

私たち
NPO法人OD-NETは…

卵子を提供して下さる女性を募り、不妊専門クリニックで体外受精が実施できるように支援する団体です。

ページトップへ戻る