• HOME
  • >
  • レシピエント登録

レシピエント登録

レシピエント登録をお考えの方は、必ずはじめに下記の内容をご覧ください。
本団体は、生まれつきの体質で卵巣機能が低下している女性(ターナー症候群など)、若くして卵巣機能が低下して月経が止まってしまう早発閉経の女性が対象です。

※卵子提供者(ドナーと表記します)、被提供者(レシピエントと表記します)

レシピエントの登録は現在行っておりません。

登録できる方の要件
レシピエントは以下の基準を満たさなければなりません。
  1. 医師によって、卵子がないと診断された女性
  2. 女性の年齢は登録申請時40歳未満であること
  3. 法律上の夫婦関係にあること
まずは実施施設を

本団体へのご登録は協力施設でのみお受けいたします。実施施設を受診していただいた上で、担当医師にご相談ください。
(NPO法人OD-NETの事務局では、お問い合わせはお受けしますが、登録の事務は行っていません)

申請登録について

実施施設医師はガイドライン(新規ウィンドウが開きます)に沿って患者の医学的適応について審査し、問題がなければ登録申請を行います。

実施施設/現在の実施施設は下記5か所です。

  • 京野アートクリニック (仙台市)
  • 京野アートクリニック高輪 (東京都)
  • 英ウィメンズクリニック(神戸市)
  • 広島HARTクリニック  (広島市)
  • セントマザー産婦人科医院 (北九州市)
マッチング(NPO法人OD-NETマッチング委員会)

ドナーとレシピエントのマッチングは、NPO法人OD-NETのマッチング委員会(5名)で決定します。事務局は結果をドナー及び実施施設へ連絡する。以降は実施施設が関係者に連絡を行い提供治療を進めていきます。

治療の費用について

ドナーに実施するカウンセリングや検査などの費用や通院に必要な交通費の負担があります。
また、別途、倫理委員会の審議費用がかかります。1回の審議費用は約30万円かかり回数は2~3回程度実施されます。
体外授精に関わる実際の治療費は実施施設の金額を参照ください。

ご留意いただきたいこと
  1. ご登録いただいてもドナーが現れない場合はご希望に添えないこと。
  2. マッチング後であっても、ドナーの都合や倫理委員会で承認が得られない場合は治療が実施できないこと。
  3. マッチング後に行った検査・カウンセリング・倫理委員会などの費用は、治療の実施の可否にかかわらずご負担いただくこと。
  4. ターナー症候群の方に対しての治療は、必ず小児科医・産科医のもとでの妊娠後のサポートが必要であり、このフォローアップは妊娠後の母子健康のリスクを避ける上で必須です。

ページトップへ戻る